そぞろ歩く holoholo

昨日から仕事で京都に一泊。

もともと京都生まれの京都育ち、若気の至りで24歳で関東に飛び出してきた。文字通り飛び出したのだ。

そのことについてはまた機会があれば、つぶやこう。

なぜ京都で仕事なのかも割愛。

 

今日の話題は、久しぶりにそぞろ歩いた京都の街。懐かし。

何が懐かしいかと言うと。。。

 

こんこんちきちんこんちきちん

ちきちんちきちんこんちきちん

 

なんじゃこりゃと思われただろう。決して、タイプミスではない。

京都の人ならすぐにわかるはず。そう!これは祇園ばやし。

 

祇園祭りに向けて祇園ばやしの練習する音がしていた。

祇園祭り本番もいいが、こんな日常的な祇園さんもいいもんだ。

 

子どものころは、運動会の応援団の定番。高校の野球部夏の甲子園予選もこのお囃子で応援したもんだ。

 

祇園さんかぁ、夏だなと思いながら日が暮れ始めた宵の口、少し涼しくなった京都を歩いた。

そぞろ歩く、、、まさにそぞろ歩くだと。

 

ふとハワイ語のholoholoが頭に浮かんだ。こんな気分だったのかなと思いを馳せた。

 

日本の文化もいいもんだ。京都の文化を誇りに思う。

 

いつかクムを祇園さんに連れてきてあげたい。いつもハワイの文化を分けていただいてるのだから、いつか私からも自分の育った文化を分けてあげたい。そんなことを思いながらスタバでアイスコーヒーを買って歩きながら飲む。

しみたぜ。